世界で400万人がすでに治療を受けている矯正治療
「インビザライン矯正治療」



アラインテクノロジー社の開発の歴史

興味のある方は是非ご覧ください。アメリカにある研究機関による開発の歴史です。


プチ矯正しかできないマウスピース矯正とは違います


 インビザラインとはアメリカのアラインテクノロジー社が開発したコンピューターシミュレーションを併用したアライナー矯正です。正確にすべてのはを3Dで把握してすべてを同時に動かすことが可能なので、プチ矯正程度しかできないマウスピース矯正とはレベルが違います。本場アメリカでは、従来の矯正治療がほとんどすべてインビザラインで可能となっております。ほかのマウスピース矯正とインビザラインの違いをぜひご体験ください。

プチ矯正用インビザラインはこちらをご覧ください。

インビザライン

クリンチェックによるシミュレーション。

前歯が気になる方です。前歯を後ろにひっこめて、翼状捻転を治したいですね。 写真、歯型をアメリカへ空輸すると、クリンチェックが作成されます。 奥歯から順番に移動していきます。少しずつ移動していくのがわかります。 奥が完成したら、前歯を後ろへ移動させていきます。 前歯もおさまってきました。クリンチェクに従って、アライナーを交換していきます。 仕上がった写真です。このあと保定装置をつけ、経過観察を行っていきます。

インビザライン治療費
矯正治療60万円
17歳以上の方に限られます。
診査、診断および施術代金全て込みです。消費税は別途かかります。
これ以外に保定装置(後戻り防止装置)に2万円〜6万円かかります。
また治療延長に伴い、資料採得代がかかることがあります。

また、抜歯症例や補助矯正を行う場合は5〜10万円の費用がかかることがあります。


矯正治療割賦金コース


治療の流れ

①初診、カウンセリング(無料)

インビザラインの治療のDVDによる紹介および説明を行います。おくちの中を拝見させていただき、インビザラインに適しているかどうか、補助治療が必要かどうかを診察します。

インビザライン矯正

②資料採り

インビザラインを行うとなった場合、口腔内の写真やレントゲン、型採りを行います。
この資料をもとにコンピューターで解析診断を行いますので、資料採りをする日に診断費用として5万円かかります。

③クリンチェック(1回〜数回)

パソコン上で治療の様子をシミュレーションできます。仕上がりの不十分なところや、回数など変更することも可能です。何回でもやり直すことができます。患者様も納得していただき、承認することで、アメリカで生産が開始されます。

矯正治療


④インビザラインスタート(アライナー交換平均40回)

 いよいよインビザラインスタートです。1日20時間以上を目安に装着していただきます。そして2週間毎に来院していただき、新しいアライナーをお渡しします。インビザラインスタート時点で、残り60万円を一括してお支払いしていただくか、スタート施術料として15万円をお支払いいただき、残りは割賦金として、毎回お支払いしていただくかお選びいただけます。

矯正治療

割賦金制度について

診断料5万円、インビザラインスタート施術料15万円を納入していただいて、残り45万円と65万円の消費税分にあたる5.2万円を残り回数(インビザラインはコンピューター上で何回で終わるかがわかります)を割って毎回お支払いして頂く制度です。

例えばトータルで51回(約2年)のアライナーが必要なケースでは、スタート時に15万円お支払いいただくので交換回数は50回となります。

65万円+消費税 - 5万円(診断料)-15万円(スタート料) = 45万円+消費税


50.2万円 ÷ 50回  =  約1万円(一回でお支払いいただく金額)


治療後の保定装置(後戻り防止装置)について

矯正治療は後戻りの可能性を含むものです。できるだけ後戻りを防ぐために保定装置の使用を勧めております。装置代として、2万〜6万円(税別)かかります。


リファインメント(矯正治療修正延長)について

歯並びの状態また使用時間によって、コンピューターのシュミレーション通りに動かないことがあります。そのためインビザラインではリファインメント(治療修正延長)を行い、修正することあります。リファインメントは3回まで行えますので細かく修正できます。その場合、リファインメント資料採得費用がかかります。詳しくは相談時にお聞きください。


リファインメント資料採得費 1回目   10,000円(税別)
              2回目   10,000円(税別)
              3回目   20,000円(税別)




インビザライン
矯正相談無料です



認定ドクターによる治療

 私、小早川尚史はアラインテクノロジー社主催の「インビザライン」講習会を受け、直接認定を受けております。アメリカのアライン社からネットによるデータ管理および空輸による直送をおこなうことで、日本にいながらアメリカで人気の治療を受けることができます。是非、お気軽にご相談下さい。


広島でインビザラインといえば小早川歯科


インビザライン症例集
下の写真をクリックすると症例ページへリンクします。